Meet our InnoUvators

ARカメラアプリ《ARama!》: 身の回りの人を素材にして自由に遊ぶ

2020年度 異能Vation破壊的な挑戦部門 挑戦者

本挑戦では、からだをコピペして遊ぶARアプリケーション「ARama!」の開発を行います。

人物の輪郭・深度推定の機械学習モデルを活用し、身の回りの人のからだを次々と増殖させてAR空間上のオブジェクトとして自由に配置できる仕組みを提供します。

「ARama!」を通して、ユーザーはからだを使った面白い視覚表現に出会い、AR空間での新しい遊び体験を発見します。

ばいそん(守下 誠)

XR Designer/Engineer

1995年静岡県生まれ。九州大学芸術工学部 首席卒。情報科学芸術大学院大学(IAMAS)在学。
からだをコピペして遊ぶARアプリケーション《ARama!》の開発を起点とし、xR領域における遊びとデザインを研究する。

【受賞歴】
「ADAA(アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA)2019」エンターテインメント(産業応用)部門 大賞
「いばらきデジタルコンテンツ・ソフトウェア大賞2019」アプリケーション・ソフトウェア・IoT部門 最優秀賞
「技育展2021」スマホアプリ部門 最優秀賞

More like this

InnoUvatorsの紹介です。

量的情報に着目してあらゆる会話を可視化する技術の開発

錯覚ボールの実現

iPS細胞の腫瘍化を回避した骨再生治療への挑戦

多様性を内包した持続可能なAI社会に向けたAI技術開発のアクセシビリティ改善

あらゆる衣服に生命感を吹き込むプロダクトで新たな表現の場を生み出す:依リシロ

果物の保存期間を3~4倍に延ばす100%天然成分でコーティングされたステッカー

ソーラー花電【ヒカルカ】

失われた声を取り戻すデバイス「Syrinx」

声シャワー

粉粒体を液状化する、流動床現象を用いた「流動床インターフェース」の開発

一覧を見る

Videos

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

Hylable (ハイラブル):会話を可視化する授業ツール

2023/01/18 19:30

ひとつ上のダンスパフォーマンスを目指す:ディープラーニング等の探求

2023/01/04 19:30

MIMEBOT(マイムボット):ハードウェアとダンスを融合し、美しいパフォーマンスを実現

2022/12/21 19:30

クリエイティビティの概念を変える奇想天外なイノベーション

2022/10/12 19:30

異能vationで取り組むSDGs

2022/09/21 19:30

目の不自由な人がデータサイエンティストとして活躍するために

2022/09/07 19:30

気配を感じる超人化スーツ

2022/08/24 19:30

異能vation応募を考えている皆さんへ異能βからのアドバイス

2022/08/10 19:30

果物の鮮度を長く保つステッカー誕生!食品ロスの削減へ

2022/07/27 19:30

失われた声を取り戻す次世代のハンズフリー型EL「Syrinx(サイリンクス)」

2022/07/13 19:30

一覧を見る

通常サイトに移動

View Full Website

お問い合わせ

お問い合わせフォーム