Videos

ひとつ上のダンスパフォーマンスを目指す:ディープラーニング等の探求

異能vation2016年度挑戦者

土田修平氏が、ディープラーニングなどのさまざまなソフトウェア技術を駆使して、ダンスという芸術をより多くの人に楽しく身近に感じてもらうために、どのような取り組みを行っているのかを見ていきます。

SHARE

Meet the InnoUvator

錯覚ボールの実現

2016年度挑戦者 土田 修平

近年、ドローンや小型ヒューマノイドなどのロボットを活用したライブパフォーマンスが増えている。しかし、人とタイミングを合わせて移動しているものの、接触はほとんどなく、またロボット自身は移動や身振りといった単調な動作のみであり、人が持つ「技」と並べると見劣りしてしまう。本プロジェクトでは、持ち上げることが可能で、また錯視によって非現実的な動作を表現するという「技」を持つ、直径1m以上の球体LEDディスプレイを開発する。多数の移動する球体LEDディスプレイを利用し、肉眼で非現実的な世界を楽しめる演出の実現を目指して、試作を行う。
Profile Page

Videos

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

Hylable (ハイラブル):会話を可視化する授業ツール

2023/01/18 19:30

MIMEBOT(マイムボット):ハードウェアとダンスを融合し、美しいパフォーマンスを実現

2022/12/21 19:30

クリエイティビティの概念を変える奇想天外なイノベーション

2022/10/12 19:30

異能vationで取り組むSDGs

2022/09/21 19:30

目の不自由な人がデータサイエンティストとして活躍するために

2022/09/07 19:30

気配を感じる超人化スーツ

2022/08/24 19:30

異能vation応募を考えている皆さんへ異能βからのアドバイス

2022/08/10 19:30

果物の鮮度を長く保つステッカー誕生!食品ロスの削減へ

2022/07/27 19:30

失われた声を取り戻す次世代のハンズフリー型EL「Syrinx(サイリンクス)」

2022/07/13 19:30

一覧を見る

通常サイトに移動

View Full Website

お問い合わせ

お問い合わせフォーム