Meet our InnoUvators

多様性を内包した持続可能なAI社会に向けたAI技術開発のアクセシビリティ改善

2020年度 異能Vation破壊的な挑戦部門 挑戦者

近年の目覚ましいAI技術の発展を背景に、大手IT各社などは、障害者支援にAI技術を活用しようとする試みを積極的に行っている。また特に日本においては、急激な少子高齢化による人材不足が深刻であり、障害者の社会参加促進という観点でも、AI支援技術の役割は増々重要になりつつある。
AI技術の活用が進む一方、その開発過程においては、障害者、特に視覚障害者は、関与する機会をほぼ得られていない。AI技術の民主化として、ソフトウェア2.0の考え方に則った多様なツールが登場しても、根底部分の視覚に頼ったデータ分析的手法は相変わらず、特に情報障害とも言われるような視覚障害者は、蚊帳の外に置かれている感が否めない。
しかしながら、政府のAI戦略でも触れられているとおり、AI技術は「多様性を内包した持続可能な社会」を実現するための手段であり、その開発過程においても、多様性が十分に配慮されているべきだろう。特に、近年の潮流でもあるディープラーニングのようなデータドリブンで帰納的な技術を用いる場合、構築されたAI技術の多様性は、その開発過程のバイアスが強く影響するため、その開発には多様な人材が関与するべきだろう。
そこで、本挑戦では、多様性を内包した持続可能なAI社会の実現に貢献するため、AI技術開発における、視覚障害者のアクセシビリティの改善に取り組み、以下のようなデータサイエンス環境の整備や入門コンテンツ作成を行った。

蓮尾 高志

AIエンジニア・Penguin AIr Craft代表

略歴

大学院修了後、電機メーカーの研究所にて人工知能技術の基礎研究に従事。その後、Web開発の受託開発企業にて様々なエンジニアリング業務を経験。現在は、研究所時代の元同僚らが立ち上げたエネルギー関係のスタートアップ企業に加わり、Deputy CTOとして、AI技術による脱炭素社会の実現を目指す。その一方、サイドプロジェクトとして、AI技術開発のアクセシビリティ改善に取り組んでいる。

最近の受賞歴(ポートフォリオ

  • 2019年 ROHM OPEN HACK CHALLENGE 2019 優秀賞「おもちゃのキモチ」
  • 2016年 Gugen 2016 SAKURA Internet賞「飲み忘れ防止&見守り安心 IoTピルケース」
  • 2015年 東京メトロ オープンデータ活用コンテスト 10thメトロ賞「Metro Toilet Finder」

 

More like this

InnoUvatorsの紹介です。

iPS細胞の腫瘍化を回避した骨再生治療への挑戦

あらゆる衣服に生命感を吹き込むプロダクトで新たな表現の場を生み出す:依リシロ

果物の保存期間を3~4倍に延ばす100%天然成分でコーティングされたステッカー

ソーラー花電【ヒカルカ】

失われた声を取り戻すデバイス「Syrinx」

声シャワー

粉粒体を液状化する、流動床現象を用いた「流動床インターフェース」の開発

シンデレラテクノロジーのための、自撮り画像解析による、女性間視覚コミュニケーションの解明

うねうねわらわらアニマトロニクス

一覧を見る

Videos

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

クリエイティビティの概念を変える奇想天外なイノベーション

2022/10/12 19:30

異能vationで取り組むSDGs

2022/09/21 19:30

目の不自由な人がデータサイエンティストとして活躍するために

2022/09/07 19:30

気配を感じる超人化スーツ

2022/08/24 19:30

異能vation応募を考えている皆さんへ異能βからのアドバイス

2022/08/10 19:30

果物の鮮度を長く保つステッカー誕生!食品ロスの削減へ

2022/07/27 19:30

失われた声を取り戻す次世代のハンズフリー型EL「Syrinx(サイリンクス)」

2022/07/13 19:30

好きな人の声を浴びる!?『声シャワー』

2022/06/22 19:30

600文字で世界を変えよう!異能vation2022『ジェネレーションアワード部門』を徹底紹介!

2022/06/08 19:30

常識外な挑戦をしよう!異能vation2022『破壊的な挑戦部門』を徹底紹介!

2022/05/26 12:00

一覧を見る

通常サイトに移動

View Full Website

お問い合わせ

お問い合わせフォーム