Meet our InnoUvators

書き時計
Homepage Link Twitter Link Facebook Link

書き時計

2019

2016年に文字を書き、時間を表示する時計「書き時計」を提案した。 「書き時計」は錘を動力とし、毎分時刻を更新して筆記していく。 平面制御(筆記軌跡)を複数のカムで行い、文字板には磁気ボードを使い表示/修正を行う、全く新しいからくり時計であったが、技術的に問題を多く孕んだ作品でもあった。 本課題ではその「書き時計」の完動と長期動作の実現を目指し、付随する技術的課題(動力伝達、時計機構、筆記機構、消字機構、脱進機構など)をローテクノロジー「からくり」で解決していく。 本課題において電気的解決は妥協に他ならず、開発する技術には「電気を一切使わないこと」を条件とする。

鈴木 完吾

鈴木 完吾

アーティスト

【経歴】 1993年7月15日生まれ、宮城県刈田郡出身 宮城県白石工業高等学校 卒業 東北芸術工科大学 デザイン工学部 プロダクトデザイン学科 卒業 CAD(コンピューター利用設計システム)エンジニアとして就職 その後、フリーのアーティストへ

お問い合わせフォーム


Follow us!