Meet our InnoUvators

人間と動きを読み合うヒト型卓球ロボット
Homepage Link Twitter Link

人間と動きを読み合うヒト型卓球ロボット

2018

私は、人間に安心を与え、人間の安全を確保して、人間の仕事、家事、遊びを人間の側で支えるロボットを実現したい。これには、人間の意図を推定し、人間が次に行う動きを予測するロボット技術に加えて、ロボットの意図や運動を人間に推定させ、予測させるためロボット技術が必要である。このため、人間同士が互いに動きを読み合う対人スポーツ競技を題材として、人間と動きを読み合うヒト型卓球ロボットを開発する。そこでは、スポーツ動作を行う機械系と制御系、人間の運動を予測する認識系、人間に運動を予測させる行為系について検討し、統合する。

田中 一敏

田中 一敏

オムロンサイニックエックス シニアリサーチャー

田中一敏(たなか・かずとし) スポーツロボット研究者。1987年熊本県生まれ。2017年東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。オムロンサイニックエックス、 シニアリサーチャー 。2018年日本ロボット学会研究奨励賞。 関連URL: - ディアボロロボット - フライングレシーブするヒト型バレーボールロボット - 古武術の達人ワザを再現するロボット

お問い合わせフォーム


Follow us!