2021年度異能vationプログラム公募開始! | 詳しくはこちら→

Meet our InnoUvators

CGを用いた建物破壊映像におけるリアリティの追求とその制作過程及びモデリングデータの公開
Homepage Link Twitter Link

CGを用いた建物破壊映像におけるリアリティの追求とその制作過程及びモデリングデータの公開

2016

私は「特撮」は日本の伝統文化であると考える。特撮といえば建物破壊だが、映像技術が特撮からCGへと変化する中、コンピュータによる複雑な計算が必要な破壊シーンは簡単には作れなくなってきている。私はその傾向自体を問題と考える。しかしCGソフトは扱いが難しいため、リアルな破壊映像を作るには膨大な試行錯誤が必要となり、それ自体がエンジニアリング対象となる。本研究ではその追求を第一の課題とする。また、中高生がCG映像制作を志す際の助けとなることを期待し、第一の課題解決によって作り出したモデルデータとプロセスをメイキングやチュートリアルの形で公開していくことを第二の課題とする。

三宅 智之

三宅 智之

早稲田大学教育学部複合文化学科在籍

早稲田大学教育学部複合文化学科在籍 2000年、東京都生まれ。早稲田大学教育学部複合文化学科在籍。小学生の頃から画像合成や映像制作を始め、中学3年時に公開したVFX映画「2045」が150万回以上再生された。 現在は都内の映像制作会社でアルバイト中。 YouTube

More like this

InnoUvatorsの紹介です。

一覧を見る

Videos

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

お問い合わせフォーム


Follow us!