2021年度異能vationプログラム公募開始! | 詳しくはこちら→

Meet our InnoUvators

AIによる初生雛雌雄鑑別
Homepage Link Facebook Link

AIによる初生雛雌雄鑑別 | 中野 裕介 | InnoUvators

2018年度 異能Vation破壊的な挑戦部門 挑戦者

鶏卵生産のオートメーション化が進んでいるが、ニワトリの雛のオスメスの鑑別には熟練した人による鑑別が不可欠である。インド、インドネシア等の南アジア、東南アジア等の国々では、人口増加に伴い、低コストで栄養価が高く、宗教的な制約の少ない卵の生産量増加が強く求められているが、鑑別技師の養成が課題となっている。 良質なタンパク源となる卵の生産拡大は、持続可能な開発目標(SDGs)目標2飢餓をゼロへの課題解決につながる。

中野 裕介

中野 裕介

有限会社電マーク代表取締役

中野裕介(なかの・ゆうすけ) 1975年生。1998年、早稲田大学政治経済学部卒業。2000年に有限会社電マークを設立し、代表取締役に就任する一方で2003年には香川大学大学院工学研究科博士前期課程を修了。主な実績は、総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)受託 (2010年)、科学技術振興機構研究成果最適展開支援プログラム(A-Step)採択(2011年)、経済産業省先進的コンテンツ技術による地域活性化促進事業採択 (2017年)、ABB YuMi Cup 2017ファイナリスト選出(2017年)、ICTビジネスモデル発見&発表全国大会中小企業庁長官賞受賞(2018年)など。

More like this

InnoUvatorsの紹介です。

一覧を見る

Videos

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!