2022年度異能vationプログラムの公募を開始いたしました。| 詳しくはこちら→

Meet our InnoUvators

物体の弾性力や粘性力を撮影可能な次世代カメラの開発
Homepage Link

物体の弾性力や粘性力を撮影可能な次世代カメラの開発

2015年度 異能Vation破壊的な挑戦部門 挑戦者

コンピュータが発達することによって、カメラは新たなステージへと進化しようとしている。従来、カメラはシーンの映像を単に記録するだけのモノであった。しかし、今、コンピュータで後処理することを前提に撮像系を一から見直すことにより、カメラは、物体の温度・物体の形状・物体の材質を撮影可能となった。本プロジェクトでは、カメラの歴史の中において未踏の地である物体の感触「粘性・弾性」を撮影可能なカメラを開発する。これにより、医療分野における触診の定量化、内視鏡手術時など人の手で直接触診できない患部の触診、一般家庭における生鮮食品の鮮度や熟成度の簡易測定などが可能となる未来を目指す。

青砥 隆仁

青砥 隆仁

CEO, Optech Innovation LLC.

現在筑波大学助教授、2018年より日本オプテックイノベーションLLCのCEOを務める。2016年奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)研究員。2017年国立情報学研究所研究員。2012年と2015年にNAISTで工学修士号と博士号を取得。研究テーマは応用光学と計算写真、計算フィールド、計算ファブリケーション。

More like this

InnoUvatorsの紹介です。

一覧を見る

Videos

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

AMPサイトに移動

View AMP site

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!