2022年度異能vationプログラムの公募を開始いたしました。| 詳しくはこちら→

Videos

まるで深海生物、うねうねわらわらアニマトロニクス【Animation ✕ Electronics】

無数の細長いアクチュエイター(駆動装置)がまるで生きているかのように動き、見る人に不思議な印象を与える「うねうねわらわらアニマトロニクス」。作者の中安翌氏は生物的な動きの表現力に着目したソフトアクチュエイターを開発し、モーター駆動では難しい滑らかな動きを実現しました。

SHARE

Meet the InnoUvator

うねうねわらわらアニマトロニクス

2016年度挑戦者 中安 翌

映画などで用いられるアニマトロニクス技術とキネティックサーフェースシステムを融合して、CG映像のような表現を実体として実現する。本技術の特徴は多数の構成要素が連動して有機的に美しく動く表現を追求することにあり、これを立体構造と連動させることでダイナミックな表現を持つ立体メディアを実現する。ロボット分野やインターフェース分野、エンターテイメント分野などに応用可能な技術になると考える。 現在取り組んでいるもの 生物的な動きの表現力に着目したソフトアクチュエータの開発と応用 ソフトアクチュエータは非線形性の高いシステムであり、制御が難しい特徴を持つ。その反面、動きの表現性だけに着目すれば、その動きは有機的、生物的であり、モーター駆動では逆に難しい滑らかな動きを実現することができる。この生物的な動きを生かした様々なシステム開発に取り組んでいる。現在、キネティックサーフェースシステム、関節システムの開発を進めており、アート作品や人形関節駆動への応用を目指している。また、ソフトアクチュエータを自らの作品等に簡単に利用できる学習用ツールキットの開発も進めている。ソフトアクチュエータの動きは好奇心をくすぐるものである。子供でも簡単に使うことができ、多様なアイデアをすぐに実現できるツールキット開発を目指している。
Profile Page

Videos

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

異能vation応募を考えている皆さんへ異能βからのアドバイス

2022/08/10 19:30

果物の鮮度を長く保つステッカー誕生!食品ロスの削減へ

2022/07/27 19:30

失われた声を取り戻す次世代のハンズフリー型EL「Syrinx(サイリンクス)」

2022/07/13 19:30

好きな人の声を浴びる!?『声シャワー』

2022/06/22 19:30

600文字で世界を変えよう!異能vation2022『ジェネレーションアワード部門』を徹底紹介!

2022/06/08 19:30

常識外な挑戦をしよう!異能vation2022『破壊的な挑戦部門』を徹底紹介!

2022/05/26 12:00

まるで生きてるかのように動くハンガー「依リシロ」

2022/04/27 19:30

水やり不要!光を吸収してエネルギーにするソーラー花電「ヒカルカ」

2022/04/13 19:30

無駄が世界を変える!あえて無駄を作る藤原麻里菜をイッキ見!!

2022/03/16 19:30

電気を流す伸縮自在の糸で体の動きを知る

2022/03/02 19:30

一覧を見る

通常サイトに移動

View Full Website

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!