Interviews

口内や目の動きなどで動くウェアラブルデバイス「耳飾り型コンピュータ」(前編)

谷口和弘

外耳の動きから目や舌の運動、咀嚼、表情などの情報を得る「耳飾り型コンピュータ」(earable、イヤラブル)。その画期的な着想を得たのは、開発者である谷口和弘が深夜の研究室で出会ったちょっとした体験がきっかけだった。
取材・文:山本貴也

2014年度の異能vationプログラム「破壊的な挑戦部門」に選出された谷口和弘の「耳飾り型コンピュータ」はひとことで言えばウェラブルデバイスの一種だが、その機能は非常にユニークだ。イヤフォン状のパーツに仕込まれた光センサーが、外耳道と鼓膜の動きを計測。そこから、眼球や舌の動き、咀嚼、表情などのデータを取得する。得られた情報は、健康医療情報としての活用が可能だ。また舌の動きなどによってスイッチのオン・オフ操作なども行うことができ、ハンズフリーのコントローラーとしても機能するようになっている。

谷口の専門はロボット工学で、特に外科手術を支援する医療用ロボットを中心に研究・開発を手掛けている。ロボットの研究を行う中で、プログラミングや電子回路の作成、機械工作など工学分野のひと通りの知識が身に付いていた。この、思いついたものを作りやすいバックグラウンドが、「耳飾り型コンピュータ」につながることになる。

ある日の深夜、所属する大学の研究室でロボットの研究を行っていた谷口は、気分転換でガムを噛んだ。かゆみを覚えて耳に指を入れると、ガムを噛みながら耳の穴の中がかすかに動くのがわかった。幸い、大学にはさまざまなタイプのセンサーがある。「面白い。これを計測してみよう」。谷口は2mm四方くらいの小さな光センサーを用意した。光を当て、反射する光を計測するセンサーである。

古いイヤフォンを分解して光センサーを仕込み、即席のイヤフォン型センサーを作る。「それで耳の中を計測したら、面白いように計測できたんですよ。朝までには、奥歯を噛むと音楽プレイヤーを再生・停止する仕組みもできていました」と谷口は楽しそうにその夜を振り返る。

翌日からも実験を続けると、耳からさまざまな情報が取れることがわかった。眼球の動きがわかる。まばたきするのもわかる。奥歯の噛み締めも舌の動きも耳の中の動きから取れるし、心拍や体表温も測ることもできる。

谷口は「wearable」(ウェアラブル)の「w」を外し、このデバイスを「earable」(イアラブル)と命名。「ear」(耳)が「able」(できる)との意味を含んだ、このデバイスにぴったりの名前だ。

「earable」(イアラブル)の開発風景

「earable」(イアラブル)の開発風景

画期的な谷口のearableは、大きな注目を集めた。ガムを主力商品のひとつとするロッテは、earableの機能を活かし、谷口と共同で咀嚼計測装置「ロッテリズミカム」を開発。咀嚼の情報から食事時間が把握でき、心拍なども測れることからearableは高齢者の見守りにも活用され、産学官医の連携による「広島発高齢者見守り支援システム」として結実した。

このようにearableは高い評価を得たが、谷口自身はearableに「決定的に欠けているもの」を感じており、それが異能vationプログラムへの応募へとつながった。

次回は、異能vationプログラムでの開発について聞いていく。

谷口和弘

中編に続く


谷口和弘プロフィール

More like this

InnoUvatorsのInterview紹介です。

一覧を見る

Videos

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

TOP

AMPサイトに移動

View AMP site

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!