2021年度異能vationプログラム公募開始! | 詳しくはこちら→

Videos

夜空が明るい都市部でAIを用いて鮮やかな星空を捉える

夜でも空が明るい都市圏で鮮明な天体写真を撮る、ということが近い将来当たり前にできるようになるかもしれません。点を検出するAIシステム、日周運動補正、ディープニューラルネットワーク(DNN)を使用して鮮やかな天体写真を作成するプロセスをご覧ください。

SHARE

Meet the InnoUvator

Deep Learningを用いた都市圏での天体写真撮影

2019年度挑戦者 生駒 卓也

東京の夜空で目視できる星の輝きは少ないが、星空の画像を機械学習でデータ処理する事で、少ない手間で簡単に「綺麗な夜空」を実現できる。その結果、天体写真への参入閾値を大幅に下げられたり、スマホやデジカメといった既存のデバイスに、新たな付加価値を与えられると考えるため、本研究ではDNNモデルの精度向上を主軸に、モデル自体の転用等の可能性も探っていきたい。
Profile Page

More like this

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

お問い合わせフォーム


Follow us!