Videos

流動床インターフェース:Fluidized Bed Interface

流動床は、これまでに作られた中で最も革新的な発明の一つかもしれません。砂のベッドと空気のポンプが混ざり合って、CGIとは思えないほどユニークな現象を生み出します。 的場やすし氏の流動床の研究は、仮想現実と拡張現実でユニークな体験を生み出しました。

SHARE

Meet the InnoUvator

粉粒体を液状化する、流動床現象を用いた「流動床インターフェース」の開発

2017年度挑戦者 的場 やすし

粉粒体を充填した容器中に流体を噴出することによって、粉粒体を液状化することができる。この現象は「流動床」と呼ばれ、焼却炉など多くの工業分野で利用されてきたが、人間が直接触れるインターフェース用途ではこれまで利用されていなかった。例えば「砂」と「空気」を使用し、砂の表面に映像を投影すれば、「スイッチひとつで上を歩いたり泳いだりできるディスプレイ」が実現する。粉粒体と流体の素材の各種組み合わせや、使用方法を研究し、これまでに誰も見たことの無い、「固相と液相を自由に制御可能な新しいインターフェース」を開発する。
Profile Page

More like this

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!