Videos

まるで生きてるかのように動くハンガー「依リシロ」

【異能vation2020年度挑戦者・加山晶大】

モーションキャプチャーで目の前の人の動きを読み取り、まるで子どもが真似っこしているかのように動く衣服。開発者である加山氏は、この「人とコミュニケーションをとるデバイス」を実際の店舗に実装し、衣服と人にどのような繋がりが生まれるのか検証したい、と語ります。

SHARE

Meet the InnoUvator

あらゆる衣服に生命感を吹き込むプロダクトで新たな表現の場を生み出す:依リシロ

2020年度挑戦者 加山晶大

衣類に動きを与えロボット化するハンガー状デバイスの開発と社会実装を進めています。 本技術はフォーマルさや可愛らしさ、スピード感など既存の衣服が持つ個性をそのまま活かし、ソーシャルロボットや店頭ディスプレイ等として利用できます。 商業施設や私生活の中でユーザーが自身のクリエイティビティをもって本プロダクトを利用することで独自の世界観をもった体験を日常に創出し、人と衣の関係が拡張されていったらいいなと考えています。
Profile Page

Videos

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

AMPサイトに移動

View AMP site

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!