Videos

大切な遺族に寄り添える、デジタルシャーマン

デジタルシャーマンは、大切な人を亡くした遺族が安らかな気持ちで過ごせるように設計されています。ロボットにデータが与えられると、49日間の仏教的な再生への移行期間が始まり、家族は大切な故人との時間を過ごし続けることができます。

SHARE

Meet the InnoUvator

デジタルシャーマン・プロジェクト

2016年度挑戦者 市原 えつこ

「デジタルシャーマン・プロジェクト」は、科学技術の発展を遂げた現代向けにデザインされた、新しい弔いの形を提案する。家庭用ロボットに故人の身体的特徴を憑依させるこのプログラムは死後49日間だけ家庭用ロボットに出現し、49日を過ぎると自動消滅する。本事業では音声合成、ライフログや家庭用デバイス等による生活データの統合、身体データの導入により精度高く人物を再現し、インタラクティブにふるまえるように品質を上げていく。一連のシステムの開発により、私たちが大切な誰かの不在に向き合う仕組みづくりをする。
Profile Page

More like this

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!