Videos

AIによるヒヨコの雌雄鑑別システムが市場にもたらすインパクト

初生雛雌雄鑑別ロボットを実現させる、中野裕介氏(2018年度破壊的な挑戦最終選考通過)の取り組みを紹介します。 人間の視覚は、錐体細胞により赤・緑・青の3色の光を認識し、認識できる可視光線の下界はおおよそ360〜400nm、上界はおおよそ760〜830nmです。 より広範囲の光の波長を100 以上のバンドで検出することが可能な、ハイパースペクトルイメージ ングセンサー搭載カメラを使い、光の波長を解析。人間の目や既存のビジョンカメラでは捉えられなかった、対象の特性や、情報を捉えられるとのことです。

SHARE

Meet the InnoUvator

AIによる初生雛雌雄鑑別

2018年度挑戦者 中野 裕介

鶏卵生産のオートメーション化が進んでいるが、ニワトリの雛のオスメスの鑑別には熟練した人による鑑別が不可欠である。インド、インドネシア等の南アジア、東南アジア等の国々では、人口増加に伴い、低コストで栄養価が高く、宗教的な制約の少ない卵の生産量増加が強く求められているが、鑑別技師の養成が課題となっている。 良質なタンパク源となる卵の生産拡大は、持続可能な開発目標(SDGs)目標2飢餓をゼロへの課題解決につながる。
Profile Page

More like this

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!