Videos

幾何学構造が美しい!特殊な歯車が魅せる”からくり”

「書き時計」を生み出した、からくりクリエイター・鈴木完吾氏の作品「規則的な集合体」が出来上がるまで。 幾何学的かつ立体的に歯車が組み合わさったこの作品。山折り谷折りの構造体で規則的に動くよう特別に設計された傘歯車が、さまざまな方向に回転を伝えます。

SHARE

Meet the InnoUvator

書き時計

2019年度挑戦者 鈴木 完吾

2016年に文字を書き、時間を表示する時計「書き時計」を提案した。 「書き時計」は錘を動力とし、毎分時刻を更新して筆記していく。 平面制御(筆記軌跡)を複数のカムで行い、文字板には磁気ボードを使い表示/修正を行う、全く新しいからくり時計であったが、技術的に問題を多く孕んだ作品でもあった。 本課題ではその「書き時計」の完動と長期動作の実現を目指し、付随する技術的課題(動力伝達、時計機構、筆記機構、消字機構、脱進機構など)をローテクノロジー「からくり」で解決していく。 本課題において電気的解決は妥協に他ならず、開発する技術には「電気を一切使わないこと」を条件とする。
Profile Page

More like this

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!