Videos

尿失禁感覚再現装置

亀岡氏は、日本の画期的な研究者です。6年間のたゆまぬ研究を経て、世界中の何百万人もの人々に影響を与えている排泄障害の理解を深めることを目的に、失禁体験装置を開発しました。 亀岡氏は、世界中から最も奇抜なイノベーションを発掘し、異能の種を発掘するための活動である「異能vationプログラム」を卒業した数多くのイノベーターの一人です。 2018年度破壊的な挑戦最終選考通過者、亀岡氏の取り組みを紹介します。

SHARE

Meet the InnoUvator

尿失禁感覚再現装置のための尿意提示システムの改善と装置普及に向けた小型化、モジュール化

2018年度挑戦者 亀岡 嵩幸

本提案では体験者に尿失禁感覚を提示する失禁体験装置のさらなる改良と普及に向けた活動を行っていく。現状の失禁体験装置は排尿後の尿の感覚をリアルに再現可能であるが、尿意、排尿感といった人間の内蔵感覚とそれに付随する運動感覚の再現は十分ではない。そこでVR技術を用いた没入体験による尿意提示や冷却、電気刺激といった様々な物理アプローチも含め効果的な尿意提示手法を模索する。また、装置の活用方法や有効性を検証するために装置の小型化とモジュール化を進め、医療・介護・エンタメ業界など様々な領域と連携し具体的な応用事例の創出を行う。
Profile Page

More like this

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!