笑農和(えのわ)のpaditch

笑農和(えのわ)は11月11日、シリーズAラウンドにおいて1億円の資金調達を実施したと発表した。Monozukuri Ventures、三井住友海上キャピタル、スカイランドベンチャーズなどを引受先とする第三者割当増資によるもの。累計資金調達額は1.7億円となる。

笑農和はスマート水田サービス「paditch(パディッチ)」の開発、運営を手掛けている。高齢化に伴う離農・担い手不足などの課題に対してIT、IoT、AI、ロボットなどのテクノロジーを活用した次世代農業を目指す富山発のアグリテックベンチャーだ。

paditchは、農作業工程で一番時間と労力を使う水管理工程を遠隔操作、自動制御化した製品で、スマホから水門や給水栓の開閉を一括で行なえるシステム。水位や水温に合わせての自動開閉や、タイマー設定して自動開閉なども可能で、農研機構(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)ではpaditch導入で水管理の労力が80%削減したとの実証結果も得られ、全国490カ所に導入(2020年11月時点)。豪雨時や夏場の高温時にリスクを冒して水門・給水栓の調整を出向く必要がないため農作業事故の防止に繋がるという。

今回の資金調達により、従来からの「paditch gate02+」サービスによるデータを活用した栽培営農指導の強化や、遠隔で田んぼダム化可能な排水バルブ「paditch drain 01」の開発を進めるとしている。