QunaSysは10月20日、量子コンピューター上で量子化学計算を行なうためのクラウドサービス「QunaSys Qamuy」のプライベート・ベータ版の提供を開始した。

同社は世界に先駆けた量子コンピューターの産業応用を目指し、量子化学計算を行なうためのアルゴリズムエンジンを開発している。令和元年度より内閣府総合科学技術・イノベーション会議の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」の研究テーマのひとつ「次世代アクセラレータ基盤に係る研究開発」に参画。

SIOの研究開発は、今後重要な計算資源となる次世代アクセラレーター(イジング型コンピューター、NISQコンピューター、誤り耐性ゲート型コンピューターなど)を対象に最適に活用できるプラットフォームの構築を目指しており、QunaSysはインターフェース技術の開発や量子化学計算を対象としたアルゴリズムエンジンの開発に注力している。

開発を進めてきたアルゴリズムエンジンの基幹部分が完成したことにより、今後の機能拡充に向けたフィードバックを得ることを目的としてクラウドサービスQunaSys Qamuyの試験的な提供を開始。量子コンピューター向けとしては世界最高性能・最多機能となる量子化学計算クラウドサービスであり、古典コンピューター上での量子化学計算との性能比較および各種アルゴリズムの性能比較といった検証が可能となる。

今年度はプライベート・ベータ版として、QunaSysが運営する量子コンピューターの応用検討コミュニティー「QPARC」のプログラムの中でメンバー企業への提供。また、量子化学計算活用において既に豊富な実績を持つ国内外の材料・製薬・エレクトロニクス・自動車領域の先進企業にも先行利用してもらうことを予定している。