セルファイバ

セルファイバは10月14日、リアルテックホールディングスが運営するリアルテックファンドを引受先とした第三者割当増資により、シードラウンドとして1.05億円の資金調達を実施した。

セルファイバは、ひも状の細胞塊を形成する技術「細胞ファイバ」をコア技術として2015年4月に設立された東京大学発のスタートアップ。細胞医薬品はがん免疫治療などを中心に注目が集まる一方、依然として手作業に依存した製造が主流であり、製造の合理化が課題となっている。

「ファイバ培養技術」は髪の毛ほどの細さの中空ハイドロゲルチューブ内に細胞を封入して培養する技術で、周囲のゲルが内部の細胞を保護しつつ過剰な凝集を防ぐことで従来の懸濁培養(フラスコやタンクを用いて細胞を培地に浮遊させた状態で培養する方法)では困難であった高品質な細胞を高密度で培養できるという。

セルファイバでは、ファイバ培養技術を用いて細胞医薬品の大量生産や製造コストの削減を進め、高額な細胞医薬品の製造コストを抑えることで、誰もが手の届く細胞治療の実現を目指すとしている。すでに小規模の試験における技術評価を完了し、2020年10月より事業会社1社と共同開発を開始。2020年度内には異なる細胞種類・用途の共同開発の開始も予定している。今回調達した資金については、主に実験環境の拡充に伴う設備投資、開発加速のための専門人材採用、研究開発に充てるとしている。