クボタ

NVIDIAは10月6日、クボタがNVIDIAのエンドツーエンドAIプラットフォームを採用し、農業機械のスマート化を加速させるために協業すると発表した。

クボタは国内農機メーカーに先駆けて、スマート農業の本格的な研究を開始しており、「農機の自動化・無人化による超省力化」や「データ活用による精密農業」の普及を目指している。とくに農機の自動化・無人化による超省力化の実現にあたり、クボタはNVIDIAのエンドツーエンドAIプラットフォームを導入。

これまでクボタはコンピュータービジョンの実装で自動運転・無人化農機の開発を試みていたが、天候や生育状況などのデータから適切な農作業を判断し、作物の収穫などの作業まで適時に実行に移す完全無人農機の実現に向けて、今後はNVIDIAのエッジ デバイス向けの組み込みAIプラットフォーム「NVIDIA Jetson」を活用して研究開発を進めるという。

AIの学習側の環境としては、「NVIDIA DGX AIシステム」を導入して研究開発を進めている。DGXシステムは、GPU向けに最適化されたディープラーニングソフトウェアのハブであるNGCをサポートし、開発者はAIモデルの設計やトレーニング、実験、展開を容易に実施することが可能。クボタでは最適な推論パフォーマンスを引き出すための鍵となるライブラリ、NVIDIA TensorRTを活用し、高性能な推論用のAIモデルの開発に取り組んでいるという。