WOVN.api

Wovn Technologiesは10月1日、新機能「WOVN.api」をリリースした。

同社は、ウェブサイトやアプリを最大41言語/75のロケール(言語と地域の組み合わせ)に多言語化し多言語化ソリューション「WOVN.io」および「WOVN.app」の開発・運営を行なっている。既存ウェブサイトやアプリに後付けでき、システム開発やサイト運用にかかるコストの圧縮し、人的リソースの削減・導入期間の短縮が可能。

WOVN.ioではこれまで主にHTMLでテキスト化された情報を翻訳していたが、WOVN.apiのリリースによりHTML化されていない情報の多言語対応が可能となる。WOVN.apiのインターフェースを通じ、WOVNの多言語化のコア機能と連携してさまざまなサービスで多言語化が可能となる。

WOVN.api

WOVN.api連携の第1弾として、ナビプラスが提供する「NaviPlusサーチ」と連携、多言語でのサイト内検索の提供が可能となった。NaviPlusサーチは高い検索精度や検索ユーザビリティーを持つ高機能・多機能なサイト内検索サービス。ECサイトで用いられていることから、日本国内の商品名などを把握していない外国人が日本語で商品を検索するといったシーンにおいて多言語化の効果が期待できるという。


関連記事:
名古屋グランパス、WOVN.ioを導入しウェブサイト・アプリを多言語