もじこ

TBSテレビは9月23日、同社開発の文字起こしエディター「もじこ」を吉積情報にライセンス提供し、一般企業への販売を開始したと発表した。

もじこは、AI音声認識技術を使った文字起こしエディターのサービス。テレビ・ラジオ業界の番組制作現場における文字起こし作業の負担低減のため、TBSテレビが開発。技術が進歩しても音声認識率が100%ではないことに着目、音声認識エンジンが自動でテキスト化し後に正しく認識されていない文章を人間が即座に修正・編集ができ、人手の労力を抑える工夫がなされている。また、番組制作の現場での利用を前提としてタイムコードとの連携やサムネイル画像の表示・話者の設定・メモの挿入などの機能も搭載する。

もじこ

日本語だけでなく世界125以上の言語に対応。クラウド上で動作するSaaSソフトウェアで、インターネット環境があればオフィスだけでなく、自宅や外出先からもアクセスが可能。音声認識エンジンは選択可能で、多言語に対応するGoogle Cloud Speech to Text APIと、日本語の文字起こしに特化したAmiVoiceが利用可能。

TBSテレビでの利用実績をベースとした検証では、通常人力のみの文字起こしには、素材長のおよそ6~10倍の時間がかかるところ、もじこを利用することで素材長のおよそ3倍程度に抑えることが可能という。