WHILL Model C2

WHILLは9月17日、「WHILL Model C2」の販売を発表した。敬老の日となる9月21日に予約販売を開始する。

WHILL Model C2は、新型の近距離モビリティー「WHILL Model C」へのユーザーの声を反映し、走行性能やユーザビリティーをさらに向上させた新製品(免許不要、歩道での走行可能)。5時間の充電で18kmの走行が可能、最高速度は時速6km。フロントタイヤには小回りを可能とするオムニホイールを採用する。

新製品の主な特徴として、リアサスペンションを採用することによる乗り心地を向上、コントローラー部分の操作性改善や走行距離の増加や後方ライト位置の変更などがある。

同社では、2020年11月からは直販体制も整え、試乗サービスや運転アドバイス付きの購入サービスを電話やウェブなどで全国から申し込めるようにする予定。また、盗難や破損の際の​本体補償を追加、既存の保険サービスWHILL Smart Careの内容を拡充している。

販売価格は47万3000円(非課税)​、介護保険レンタルはおよそ月額2700円。


関連記事:
羽田空港国内線第1ターミナルにて「WHILL自動運転システム」の運用開始