Videos

電気を流す伸縮自在の糸で体の動きを知る

 

テレワークでの腰痛、自分の姿勢のどこが原因か、知りたくないですか?鳥光慶一氏(2017年度破壊的な挑戦最終選考通過)は、シルク本来の肌触りの良さや風合いを維持した導電性シルクを利用し、人の動きを可視化する研究を進めています。日々記録されたデータは、その場で結果として反映され、膝痛や腰痛の原因が分かるといった仕組みです。今後は衣服などにも応用し、健康管理及び、姿勢や機能障害等の早期発見による痛みの緩和や支援に役立てるとともに、介護医療分野等における応用展開を目指しています。

SHARE

More like this

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!