QuickGet

レキピオは9月16日、デジタルコンビニサービス「QuickGet」を正式リリースすると発表した。

食料品や酒類、日用品を注文から30分以内になんでも宅配するサービス。六本木に自社倉庫を構え、商品在庫を抱えることで実店舗をもつ小売店と同等価格での販売を実現している。

2019年11⽉にベータ版を開始。東京都港区六本木を中心に、渋谷区、目黒区、千代田区の一部地域で展開していたが、今回の正式リリースにともないサービス提供エリアを⼀部拡大。恵比寿、神宮前、代官山、白金エリアでも利用できるようになった。今後も段階的にエリアを拡大していき、9月末までには新宿区・品川区の一部エリアでも利用可能になるという。

対応OSはiOS。またAndroid利用者向けにウェブ版も提供している。

また同社は、UB Ventures、マネックスベンチャーズ、サイバーエージェント・キャピタル、FGN ABBALab、F Ventures LLP、個⼈投資家の⾚坂 優⽒、中川 綾太郎氏、吉⽥浩⼀郎氏を引受先とする第三者割当増資、ならびに日本政策金融公庫より総額1.7億円の資⾦調達を実施した。