CosmoSkin

ポーラ・オルビスホールディングスANAホールディングスは9月11日、「宇宙ライフを美しく快適に」をコンセプトとして製品を共同開発するプロジェクト「CosmoSkin」を発足した。

ポーラ・オルビスグループでは、自社グループが目指す将来像に有用なヒントを得ることなどを目的として宇宙に関する取り組みを進めている。また、ANAホールディングスでは新事業のひとつとして宇宙事業を検討する部門横断型プロジェクトを立ち上げている。

両社が共同で進めるCosmoSkinプロジェクトは、2019年の宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster」にてポーラ・オルビスグループの「美肌ウェルネスツーリズム」がANAホールディングス賞を受賞したことをきっかけに開始。宇宙という極限状態を想定しながら化粧品開発を進めることは、極度に乾燥し水が貴重な船内環境に対応する機能性、重力が小さな環境における使用方法、資源が極端に限られる状況、ゴミを最小限に減らさなければならないといった制約を想定した研究開発は地上で利用する化粧品への革新にも繋がるはずとしてる。

プロジェクト第一弾として、宇宙でも使える化粧品の共同開発を開始し、まずは2023年の商品化を目指す。ポーラ・オルビスグループは同社の肌の知見や製剤技術を活かして宇宙ライフに適した化粧品の研究開発を実施。ANAホールディングスでは地上よりも宇宙環境に近いと言われている航空機内を実証実験の場として提供する。