ルームクリップ

ルームクリップは9月2日、シリーズDラウンドにおいて総額およそ10億円の資金調達を実施したと発表した。

日本郵政キャピタル、NTTドコモ・ベンチャーズ、マーキュリアインベストメント、岡三キャピタルパートナーズ、博報堂DYベンチャーズらを運営者とするファンドおよびプラスを引受先とした第三者割当増資と三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行他の金融機関からの融資によるもの。本ラウンドを経て同社の累計資金調達額は22億円超となったという。

同社は、日本最大級の住まいと暮らしの実例写真共有サービス「RoomClip(ルームクリップ)」を運営。RoomClipは「日常の創造性を応援する」をミッションとした「実際に人が生活している部屋の写真とデータ」が集まるインテリアSNS。さまざまな生活スタイルやDIY、収納アイデアなど、住まいと暮らしにまつわる情報を相互に共有しており、ユーザーコミュニティーが主役のサービスして成長。月間ユーザー数は830万人(2020年5月)、投稿された写真枚数は累計400万枚を超えるという。

また、住生活産業関連企業(インテリアホームファッション、住宅設備・建材、日用品、家電、ホームセンター、飲料・食料品ほか)に向けては、830万人が集まるユーザーコミュニティーを活かし、マーケティングプラットフォームとして多くの企業が活用している。

同社では、今回の資金調達により、新規事業開発や顧客獲得のためのマーケティング強化、それらを加速させるための人材採用への投資を積極的に行なうとしている。