ティアフォーは9月1日、ブレインフォーおよびミナミHDと自動運転技術を活用した運転技能検定システムおよび教習システムを共同開発して事業化に向けて協業すると発表した。

自動車教習所は、人材不足による指導員の負担増加や運転免許取得教習および高齢ドライバー向け運転技能検定の受入難などの課題があるという。3社では、これまで各社が蓄積してきた知見や実績を集約。開発するシステムは自動運転技術を用いて車両位置や周辺環境を正確に読み取り、ドライバーの運転技能を評価を可能とする。指導員の負担軽減を図るだけでなく、これまで担当指導員ごとに生じていた評価のばらつきの解消も期待できるという。

開発・事業化に向けたフェーズ1として、高齢者・ペーパードライバー向け教習や企業研修へAI教習システムを導入、教習所構内においてAIによる運転技能検定および教習を実施。フェーズ2では、フェーズ1の実績およびティアフォーの公道における自動運転実証実験の経験を基に教習所構外にも対応したAI評価モデルおよびシステムへと発展させる予定。

ティアフォーはオープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」を活用したAI教習システムの開発、ブレインフォーは運転技能検定における評価モデルの研究開発、ミナミHDではAI教習システムおよびコンテンツの共同開発とAI教習システムを活用したサービス展開・導入支援を担当する。

また、南福岡自動車学校(福岡県大野城市)において9月28日にAI教習システムを用いた試乗会を実施する予定。