ミラクルミート

パティにDAIZの植物肉「ミラクルミート」が採用

DAIZは8月31日、同社が開発・製造する植物肉「ミラクルミート」が、フレッシュネスが発売する「THE GOOD BURGER」のパティの原料として採用されたと発表した。

今回発売されたTHE GOOD BURGERは、その植物肉を用いた大豆パティをテリヤキソースにからめ、低糖質バンズと野菜で挟んだハンバーガー。動物性原料を使わず環境にやさしい大豆パティと、フレッシュネスのゴマバンズと比較して糖質約45%オフのヘルシーな低糖質バンズを使用。日本ならではの醤油麹をベースにしたテリヤキソースで味付けし、コクと奥行きのある味わいに仕上げたという。

8月12日から、首都圏の一部店舗で検証発売していたが、想定を上回る売れ行きとなり、9月1日から全国のフレッシュネスバーガーで販売開始となった。

ミラクルミートは、丸大豆を原料とする植物肉。オレイン酸リッチ大豆を使用することで大豆特有の臭みをなくし、異風味を低減したという。

ミラクルミートの製造工程

ミラクルミートの製造工程

使用する丸大豆は、味や機能性を自在にコントロールするコア技術「落合式ハイプレッシャー法」で発芽させることで、旨味や栄養価を増大させたもの。その発芽大豆をエクストルーダー(押出成形機)にかけ、膨化成形技術で肉のような弾力と食感を再現する。DAIZは、これらの独自技術により、異風味を低減した植物肉を製造しているという。

旨味や栄養価が増大した発芽大豆を使用しているため、ほかの原料や添加物はなにも足していないとのこと。また、発芽タンクを用いた独自の製造プロセスにより原価低減も実現し、牛肉・豚肉・鶏肉に対して価格競争力があるとしている。

植物肉の共同研究機関として、九州大学、京都大学、佐賀大学とも連携している。九州大学は植物肉に含まれる旨味成分の評価を、京都大学は植物肉の栄養素の吸収性の評価を、佐賀大学は非遺伝子組み換え大豆からオレイン酸リッチ大豆の育種を担当している。

DAIZは、温室効果ガスの排出を抑える効果の高い植物肉が畜産に代わる「次世代のお肉」だとうたう。牛・豚・鶏に次ぐ植物肉の普及を通じて、同社はサスティナブルな世界を目指すとしている。