メドメインは8月24日、複数の病院グループ、ベンチャーキャピタル、事業会社および個人投資家を引受先とする第三者割当増資を実施し、約11億円を調達したと発表。これにより、累計約12億円の資金調達を完了した。

メドメインは、今年2月に病理AIソリューション「PidPort」を正式リリースした後、国内外で50施設以上の医療機関と共同研究を実施し、共同研究施設と新規の施設への製品導入を進めてきた。昨今のコロナ禍の影響もあり、デジタル病理へのシフトを目的とした同社事業やサービスについての問い合わせが増えており、提供施設数や提供領域が拡大しているとのこと。

PidPort

PidPortは、「クラウドストレージ」、「遠隔病理診断」、「AI画像解析」の3つの機能により、病理診断従事者をサポートするという病理AIソリューション。また、メドメイン社内には病理診断用のプレパラートをデジタル化する「イメージングセンター」も併設しており、病理診断の現場における様々な問題の解決をサポートするとしている。

今回調達した資金は、主に病理AI開発をはじめとしたソフトウェア開発、デジタル化領域への設備投資、営業・開発体制の強化、マーケティング費用に投資する予定だという。

今後は、ユーザーの声をプロダクト開発に活かすとともに、施設側でのデジタル環境構築そのものへの支援にも注力していくとのこと。また、病理AIの開発においては、多種の臓器・病変についての病理診断をサポートするAIの開発を進め、人工知能の特長を活かした革新的な疾患予測モデルを創出するとしている。


関連記事:
デジタル病理画像AI解析ソリューション「PidPort」の海外向けサービス開始