BitStar

BitStarは8月17日、総額10億円の資金調達を実施したと発表した。電通グループ、丸井グループ、フォーイット、SKIYAKI、ビーマップ、セガサミーホールディングス、既存株主であるコロプラネクストおよびABCドリームベンチャーズなどを引受先とする第三者割当増資によるもの。

BitStarはクリエイタープロダクション事業「BitStar」やコンテンツ制作事業、インフルエンサーマーケティング事業を展開している。今回の資金調達により、大手事業会社との戦略的協業を開始し、「100年後に名前が残る産業・文化をつくる」というミッションのもと、タグラインの実現およびコンテンツ産業におけるメガベンチャーを目指すべく、引き続き事業を推進するとしている。

電通グループとの戦略的協業では、電通の連結子会社である電通パブリックリレーションズとソーシャルブランディング領域において業務提携を行なう。また、丸井グループでは体験や共感を重視した「売らない店」づくりを進めており、BitStar社のVR/VTuber事業をはじめとしたコンテンツと、丸井グループのアニメ事業や店舗事業、フィンテック事業との連携を進めるという。