MOFLIN

Vanguard Industriesは7月29日、AIペット「MOFLIN」の予約販売をクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて開始した。MOFLINは、遺伝的アルゴリズムを用いた独自のAIを搭載するペットロボット。

周囲の環境に反応して、生き物のような可愛らしい動きや鳴き声で感情表現をするのが特徴だ。支援金額は、100個限定の「Super Early Bird」が3万7800円から、2000個限定の「Early Bird」は3万9800円から。出荷は2021年3月の予定。

MOFLIN

柔らかい毛皮で覆われ、小動物のような触り心地。大きさは長さ16㎝、重さ300g。カラーはシルバーとブラウンの2色

MOFLINは、生物的なアプローチで開発された、感情が育つ新しいタイプのAIペットだ。見た目は、ウサギやモルモットくらいの大きさで、ふわふわの毛で覆われ、愛らしい鳴き声を持つ。

感情表現のために小さく体を揺らしたりはするものの、手足はなく、移動をしたり、何かを動かしたりはしない。毛皮に隠れた本体には、触感センサー、マイク、ジャイロ/加速度センサー、照度センサーが内蔵されており、周囲の環境に応じて感情が変化し、学習を重ねることで独自の性格が形成されていくという。オーナーとの関わり合いによって個性が生まれ、自分だけのペットとして、愛着が深まっていくのが特徴だ。

MOFLIN

巣箱型のワイヤレス充電器とAIアダプターが付属

製品には、巣箱のようなワイヤレス充電器が付属し、MOFLINを入れるだけで充電できる。充電中も、動物が眠っているかのような可愛い声や反応が楽しめる。

MOFLINは、2019年11月にポルトガルのリスボンで開催されたWeb Summitで初披露され、海外イベントでの手応えを受けて、量産化に動いた。今回キックスターターにて、コンセプトモデルの先行予約を開始。支援者への出荷は2021年3月以降になる予定だ。