フォトシンス

フォトシンスは8月4日、新たに総額35億円の資金調達を発表した。また同時に、キーレス社会を実現するためのアクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence(アケルン・アクセス・インテリジェンス)」と新サービス「Akerun来訪管理システム」を発表した。

同社はサムターン錠に対応した後付け型スマートロック「Akerun Pro」や、電気錠や自動ドアに対応したオフィス向け「Akerunコントローラー」などを展開。資金調達は、農林中央金庫、NTTドコモ・ベンチャーズ、三井不動産CVC(運営者:グローバル・ブレイン)、LINE Ventures、凸版印刷、BSPグループ、スクラムベンチャーズ、常陽産業研究所および既存株主であるグロービス・キャピタル・パートナーズなどを引受先とする第三者割当増資と、新生銀行、日本政策金融公庫、みずほ銀行、常陽銀行などからの融資などによるもの。これまで未発表だった資金調達を含めて、新たに総額35億円の資金調達となり、累計調達額は50億円となる。

フォトシンス

同社の新戦略となるアクセス認証基盤Akerun Access Intelligenceは、従来からオフィスや施設向けに提供しているAkerunを進化させ、ユーザーが普段使用している交通系ICカードやスマホ、社員証/入館証などユーザー固有の物理IDと、メールドアレスや電話番号などのデジタルIDを組み合わせた情報を「AkerunユーザーID」としてクラウドに登録。オフィス、ビル、ホテル、自宅など、プライベートからビジネスまでの幅広い場面でAkerunユーザーIDを活用して利用者の利便性やセキュリティーの向上を目指すキーレス社会の実現への取り組み。

フォトシンス

Akerun Access Intelligenceを推進するための新サービスとなるAkerun来訪管理システムは、従来からオフィスや施設向けに提供する「Akerun入退室管理システム」に続く新たなサービス。いつも持ち歩いている交通系ICカードなどをAkerunユーザーIDとして事前に登録することで、個人認証による高いセキュリティーを確保しながら、セキュリティーゲートに安全かつスムーズにアクセスできるようになる。三井不動産の新オフィスにてAkerun来訪管理システムの実証実験を開始している。


関連記事:
医療機関や自治体に「Akerun入退室管理システム」を無償貸与、新型コロナ対策支援