KARTE Blocks

プレイドは7月30日、同社の提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」の新しいプロダクト「KARTE Blocks」クローズドβ版の提供を開始した。すでにKARTEを利用している企業に対して提供企業数と期間を限定した上で無償提供する。

KARTE Blocksは、ウェブサイトの構成要素をBlockと捉え、Blockひとつひとつを自由に編集・更新でき、Blockごとのパフォーマンスや効果を可視化できる。同社では新しいサイト管理の在り方を「Block Management System(BMS)」として提案し、タグを1行貼るだけでサイトのあらゆる要素をBlockという新たな単位に分解、サイトをBlockの集合体として捉え直すことで可能になる管理システム。サイトの要素を自由かつ直感的に編集し、その要素群をBlockごとに整理・管理・評価するという。

KARTE Blocks

管理画面で複雑なサイトをわかりやすく整理して全体像を可視化することで、工数をかけずに正しく運用できる環境を提供。ABテストも簡単に実施できるほか、KARTE Blocksによってパーソナライズも可能。ノーコードで誰でも簡単に編集、ローコードでカスタマイズも可能としている。

また、自動でBlockに分解し自動でパフォーマンスを評価できる機能を開発中。Blockごとのパフォーマンスを可視化するまでをKARTE Blocksが自動で行ない、複雑な設定や高度な分析なしにひと目で効果を把握できるためサイトパフォーマンスの向上を図ることができる。


関連記事:
ウェブ接客「KARTE」 顧客アンケートを低コスト化する新サービス
EC事業者向けのCX(顧客体験)簡易診断サービス 8月末まで無料提供