トレッタVets

トレッタキャッツは7月17日、全国の動物病院向け連携プログラム「トレッタVets」を開始した。

トレッタキャッツはスマートねこトイレ「toletta(トレッタ)」を開発、販売している。トレッタVetsプログラムでは、全国に1万件以上ある動物病院からねこ患者へのトレッタ利用促進により、トレッタのユーザー数拡大を目指すもの。

プログラムは動物病院に向けたもので、トレッタを利用しているねこの全体データレポートを提供してもらい、全国の動物病院のカルテデータ(病名、治療内容、検査結果)と、トレッタが測定する尿量、尿回数、体重などのデータを結合し、腎泌尿器疾患に関する大規模なデータプラットフォームを構築。

トレッタキャッツはtolettaのユーザー向けページや公式サイトなどで病院を紹介、病院にてトレッタを紹介した場合は紹介料を支払う。動物病院向け専用ページ申込を受け付けている(プログラムへの参加は無料)。トレッタキャッツでは、病院とともに腎泌尿器疾患の治療評価アルゴリズムを確立し、ねこがもっと健康で長生きできる社会作りを目指すという。


関連記事:
スマート猫トイレ「toletta」のハチたまが1億円の資金調達