人生醸造craft

日本電気(NEC)コエドブルワリーは7月15日、AIで分析して世代の特徴を表現したクラフトビール「人生醸造craft」を開発。コエドビールオンラインショップにて発売した。

NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」を用い、各世代が飲酒を始める20代の頃に発行されたファッション雑誌の画像を参考に画像と文章を分析、クラフトビールメーカーのコエドブルワリーにおいてビール職人が20~50代の4世代の特徴を4種類のクラフトビールとして表現したという。

小学館の担当者がファッションテイスト(色の系統、甘め/辛めスタイル、フェミニン/コンサバ系など)と味の指標(甘味/苦味/酸味/ドライ)を紐づけた教師データをもとに、NEC the WISEのディープラーニングAI技術「RAPID機械学習」でファッション画像を分析し数値化している。

20代向け「人生醸造craft ~20's PINK~」、30代向け「人生醸造craft ~30's BLUE~」、40代向け「人生醸造craft ~40's YELLOW~」、50代向け「人生醸造craft ~50's RED~」の4種がラインアップ。例えば、40代向けの~40's YELLOW~には、40代が20代の頃(1991年~2000年)に発行された雑誌「CanCam」のファッション画像を利用。

人生醸造craft

YELLOWのみビールで、それ以外は発泡酒となる。いずれも350ml缶の4本セットの箱入りで、価格は1540円。