Visual

QuickWorkは7月16日、企業の労働生産性を底上げすることを目的としたエンゲージメント可視化による組織生産性改善クラウド「Visual(ビジュアル)」のα版をリリースした。

Visualは、組織エンゲージメントの見える化から、改善策の実施までを一気通貫で運用できるクラウドエンゲージメント解析ツール。PCやスマートフォンから簡単に回答でき、極めて負担の少ないUX/UI設計が特徴としている。アンケート結果はリアルタイムで自動集計され、同社に蓄積されたビッグデータと共に解析しながら組織ごとの特徴や傾向、課題を特定し、「組織状態の可視化」「離職率低減」「生産性向上」「管理職育成」「モチベーション改善」「困難な課題でも積極的にチャレンジ」といったエンゲージメントを改善していく。

在宅勤務を実施する企業が増える中、対面でのコミュニケーションがなくなることで、組織の一体感やエンゲージメントが低下するといった課題が顕在化してきたという。そこで生産性と従業員エンゲージメントを向上させるために本サービスを開発。「10の指標」「50の質問」「150の改善策」といった多角的な切り口から組織状態を分析することで、「(1) 組織エンゲージメントの見える化」「(2) 組織エンゲージメントのデータを基にした組織内での施策立案」「(3) 改善策の実施」の3点によってPDCAを回し、生産性と従業員エンゲージメントを向上させていく。

料金は、12カ月契約で月5万円、24カ月契約で月4万5000円、36カ月契約で月4万円。いずれも100名あたりの料金で、管理者など、アカウント発行者がすべて対象となる。最低利用期間(申し込み期間)は12カ月。