MEDLEY

メドレーは7月7日、専門家グループやグーグル、メディカルノートと連携して信頼できる医療情報へのアクセスを支援するためのプロジェクトに参加すると発表した。

メドレーはオンライン医療事典「MEDLEY」を通じて医療情報を発信している。連携プロジェクトは、宮田裕章氏(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教授/日本医師会COVID-19有識者会議メンバー)らで構成される専門家グループが中心となって発足したもの、新型コロナウイルスに関する信頼できる情報へのアクセス支援を目的としている。

プロジェクトでは、グーグルが提供する「Question Hub(クエスチョンハブ)」を利用。Question Hubは任意のトピックついてユーザーが適切な情報を見つけられていないと考えられる ”未回答” の検索キーワードを自動的に収集し表示するツール。

MEDLEY

今回、Question Hubはベータ版として特に新型コロナウイルス感染症に関する未回答のキーワードをプロジェクトチームに対して利用可能とし、プロジェクトチームは適切な情報を見つけられていないと考えられる未回答の情報に対して専門家グループの知見を活かしながらオンライン医療事典MEDLEYにて制作、発信する。