ACALL

ACALLは7月1日、神戸市東灘区役所において、窓口案内アプリの非接触対応の実証実験を知能技術と共同で開始すると発表した。

実証実験では、ACALLが提供する窓口案内アプリ「ACALL FRONT」と、知能技術の接触感染防止AIソフトシステム「UbiMouse(ユビマウス)」を連携させ、区役所職員が指で触れずにACALL FRONTをインストールしたiPadを操作し、市民への案内ができることとその操作性を確認する。

神戸市は、新型コロナウイルス発生にともない、市民生活と市役所内の業務における新たな課題の解決を目指して、全国のスタートアップから新型コロナウイルス対策となり得るテクノロジーや提案を募集している。

感染拡大防止対策や基本的な感染対策を継続しつつ、社会活動にも配慮した「新しい生活様式」となり得る提案について募集、審査をするもので、今回、神戸市による書類選考・ウェブ面談の結果、指で触れることなく空中で手を動かすだけで端末の画面操作ができるAIソフトの活用についてUbiMouseが採択された。

ACALL

ACALLは今回の実証実験を経て、非接触対応ができる窓口案内アプリとしてACALL FRONTが新しい生活様式への適応に貢献するとしている。

ACALL

また、WorkstyleOSを基盤とする受付チェックインアプリケーション「ACALL RECEPTION」での非接触対応も視野にいれ、Withコロナ/Afterコロナのワークスタイルにも柔軟に対応できる入退館チェックインや、来客のチェックインソリューションを提案していくとのこと。


関連記事:
個別に導入したハード/ソフト/クラウドを統合してオフィスを管理する「WorkstyleOS Portal(β版)」