SelfU

Showcase Gigは6月10日、店内向けモバイル・テーブルオーダーサービス「SelfU(セルフ)」に、感染症対策としての従業員衛生管理を目的とした「従業員体温管理」機能を実装したと発表。

SelfU

SelfUは2019年秋にリリースしたサービス。飲食店に来店した利用者は、店員と対面することなくスマホ上で料理の注文・決済を完了できる。サービス開始以降、フルサービスのダイニングレストランから焼肉・居酒屋など、さまざまな業態の店舗へ導入が進んでおり、導入店舗においてはアルバイト人件費の削減や接客・配膳の品質向上といった効果が出ているという。

SelfU

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が解除され、飲食店が通常営業に戻りつつあるなかでも、消費者の衛生意識の高まりを受けて、飲食店における従業員の衛生管理はこれまで以上の徹底化が求められているという。そうしたなかで、店舗運営の負荷を減らし、さらに来店する利用者に安心・安全に食事を楽しめる空間を提供していこうという飲食事業者を支援するべく、今回の新機能をリリースするに至ったとのこと。

また、SelfUは、飲食業での非対面(オンライン)におけるビジネスモデルの構築・サービス提供を支援する経済産業省「令和2年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)特別枠」の補助金対象サービスに採択されたとのこと。これにより、飲食事業者はSelfU導入後、申請により最大450万円までの補助金を受けることが可能になる。

Showcase Gigは今後も、新機能の開発に加え、モバイルオーダーを提供してきたなかで培ったノウハウによる強固な顧客サポート体制のもと、SelfUを随時バージョンアップしていくとしている。