Mantra

Mantraは6月8日、およそ8000万円の資金調達を発表した。ディープコア、DMM.com、レジェンド・パートナーズ、エンジェル投資家らを引受先とする第三者割当増資によるもの。

Mantraはマンガに特化した機械翻訳技術および法人向けサービス「Mantra Engine」の開発を進めている。Mantra Engineはマンガの高速な多言語展開を可能にする法人向けサービスで、2020年7月公開予定。手で描かれた特殊なフォントや独特な話し言葉、ストーリーの背景にある複雑な文脈など、マンガには翻訳を難しくする要素が多く含まれている。これらの問題を解決するため、創業者らは東京大学FoundX・IPA未踏アドバンスト事業・東大IPCなどの支援を受け、世界最高精度のマンガ機械翻訳技術(国際特許出願中)を開発。

Mantra

Mantra Engineではさらにマンガ専用の画像認識技術、外国語組版の自動化技術を組み合わせ、マンガ翻訳を大幅に省力化・高速化。多くのマンガの多言語同時連載を可能にすることで、従来出版社がアクセスしにくかった海外市場への展開を支援するという。