EARTH ENERGY

リフューチャーズは5月21日、法人・家庭向けに再生可能エネルギー100%の電力を選択して購入可能な電力小売サービス「EARTH ENERGY(アースエナジー)」を正式リリースした。

電力会社だけでなく、希望する故郷などの地域や発電所を選択して購入可能なサービスで、電力の「地産地消」を実現して地方創生に貢献できるとしている。EARTH ENERGYが供給する電気はブロックチェーン/イーサリアムを活用した同社独自のトレーサビリティーシステムを用いているという(2020年2月に特許出願済)。

EARTH ENERGY

法人の利用者には同社の開発システム「GREEN PLATFORM」にて電力使用量、電源・地域、日本初のCO2排出削減量などを見える化を提供。また、電力料金が高い月や時間帯を予測した省エネ通知、最新の環境サービスなどと連携する。

同社では今後、ブロックチェーンや機械学習などのテクノロジーを活用して自動化を徹底。環境と社会面を重視した電力小売の追加機能の実装を目指すほか、システムのSaaS、分散型再エネの拡大など事業を展開するとしている。現在のところ、東京電力エリア(東京都、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、静岡県、山梨県)から販売を開始。今後、東北電力、中部電力エリアなど販売エリアの拡大を予定している。