toletta

ハチたまは5月19日、1億円の第三者割当増資をシリーズAラウンドにて実施したと発表した。菊池製作所と既存株主であるマネックスベンチャーズを引受先とする。累計調達額は5億円を突破したという。

ハチたまは、スマート猫トイレ「toletta(トレッタ)」を手掛けている。tolettaは猫がトイレに入るだけで体重や尿の量、回数を記録して情報をスマホアプリに転送。猫の健康状態の目安にできる。2019年3月のローンチから2400台を出荷し、Amazon.co.jpの猫のトイレ部門にてNo.1ベストセラーを2回獲得する商品となっている。また、2020年2月には世界初というサブスク型訪問診療動物病院「トレッタねこ病院」を設立・開院した。

toletta

今回の資金調達では、新バージョンとなる「toletta3」の開発に用いるほか、現在の新型コロナウイルス感染症の流行下においての経営基盤の強化を図るとしている。なお、toletta3では現行モデルで装備しているカメラを省略したシンプルなモデルとしており、40%のコストカットが予定されている。

本ラウンドは継続中であり、今後さらなる資金調達を予定しているという。


関連記事:
ねこ用トイレサービスのハチたま、合計2億円超の増資を実施