ACALLは5月8日、さまざまなワークスペースやハードウェア、ソフトウェアを統合して可視化する「WorkstyleOS Portal(β版)」をリリースした。

働き方改革や業務効率化やテレワークの普及にともなってオフィスにさまざまなツールが導入されているが、ハードウェアやソフトウェア、クラウドサービスが個別に導入されたことにより、効率が落ちているケースがあるという。

WorkstyleOS Portal(β版)は、Public APIやWebhookで連携している外部サービスやリモートワーク機能(近日リリース予定)から得た情報をダッシュボードで見たい情報をリアルタイムに可視化するプラットフォーム。リモートワーク機能がリリースされると、ACALLのチェックイン・アプリケーション群(受付チェックイン、会議室チェックイン、入退室チェックイン)に加え、デスクトップアプリでのチェックインが可能になる。

オフィスにチェックインしている人数やリモートワークをしている人数、会議室の稼働率、来訪者数、セキュリティーゲートの開閉頻度、自動販売機の使用状況などを設定次第でさまざまなデータを確認可能となる。また、デスクトップアプリからは社員の体調や感情などコンディション情報といった情報を取得し、可視化ができるようになるとしている。

将来的には、ワーカーのワークデータ(行動履歴・評価・環境情報)を分析・可視化し、AIによる自動化・ファシリテート・レコメンドを行なうことで、ワークの質と生産性の向上を促すフィードバックグループを形成するという。