SPACEE

スペイシーは5月1日、飲食店や空きオフィスなどを無人でリモートワークの場として活用するサービス「10Minutes by SPACEE 」を正式リリースした。

飲食店やオフィスなどの空きを活用することで10分20円からというリーズナブルな価格帯で提供されるワークスペース。オフィスや自宅とは別の「第3のワークスペース」として隙間時間における作業やウェブ会議、キャリアステップのための学習といったさまざまな目的に利用できるとしている。

飲食店などの運営店舗は店内にタブレット端末または発行されたQRコードを設置し、店舗の営業時間外や低稼働時間にスペースを提供。利用者は利用登録の後、システムにチェックインして手持ちのスマホから決済(PayPayやクレジットカードなどが利用可)して利用する。タブレット端末の顔認証機能を利用することで、入店/退店時間から料金を計算しての支払いが可能。

SPACEE

仕事や作業を目的とする利用者の来店により、飲食店にとっては新たな顧客層の開拓も見込めるという。また、利用定員をあらかじめ設定でき、新型コロナウイルス感染症の流行下で重要となるソーシャルディスタンスをとった安全な運営に配慮。また、同社が提供している飲食店向けオーダーアプリ「SPACEE TAKEOUT」と連携した飲食店運営も可能という。

当初、金の蔵 池袋サンシャイン通り店、金の蔵 新宿靖国2号店、金の蔵 渋谷109前店、ビヤケラー東京新橋店、中目黒LOUNGE、鶏豚きっちん 渋谷道玄坂店、プリヤマハル東京、COLAZIONE VARIO、LEON'S COFFEE、CAFE&BAR dizzleなど30拠点が参画。今後は年内に300拠点確保を目標として展開するとしている。