神戸市は4月20日、地域課題解決プロジェクト「Urban Innovation KOBE」にて、新型コロナウイルス対策となり得るテクノロジーや提案の募集を開始した。

Urban Innovation KOBEは平成30年度より実施している柔軟な発想や優れた技術力を持つスタートアップと社会・地域課題を詳しく知る市職員が協働して最適な解決手法を見出し、サービスとして構築・実証までを支援する取組み。

神戸市が抱える課題テーマを提示し、その課題解決を目指すスタートアップやエンジニア、NPOなどを広く公募。選考により選ばれたチームと市の担当職員がおよそ4カ月間協働して開発を進め、市民によるテスト利用や市役所業務のなかでの試行導入、実証実験を通じて活用される新たなサービス開発を目指す。

今回対象となるのは、テクノロジーで新型コロナウイルスの対策を目指すすべてのスタートアップ。募集テーマは、データ解析・感染恐れ確認・困窮事業者支援・市民生活支援などのための技術(具体例:IoT/AI/情報発信/支援プラットフォームなど)。

4月20日より募集を開始、随時募集し、応募状況に応じて締め切りを設定する。一次審査は応募後、2営業日を目処に審査結果を連絡、二次審査は応募後1週間を目処に審査結果および実証実験開始時期を連絡する。

採択企業には市担当部署とのサービス開発に向けた調整、実証実験の実施協力、開発のための支援金を提供(1チームに付き上限50万円)、成功モデルについての早期実装をサポートする。