Caster

キャスターは4月21日、リモートコールセンター「Caster CS Assistant」の本格提供を開始した。

新型コロナウイルス感染拡大防止と従業員の安全確保のため、リモートワークを導入する企業は増えているが、個人情報を扱うコールセンター業務はセキュリティーが障壁となってリモート化が難しいと考えられがちという。とはいえ、感染者が出たことでコールセンターを閉鎖する企業もあり、コールセンターのBCP対策として、社外にリモートコールセンターを構築する必要性が高まっている。

同社ではカスタマーサポートやテクニカルサポートの「Caster CS Assistant」の運用による経験と知見を活かし、最適化したリモートコールセンターCaster CS Assistantの本格提供を開始。Caster CS Assistantは最短3営業日でリモートコールセンターを開設可能。個人情報について適切な取り扱われているプライバシーマークの認定を受けており、シンクライアント環境のオプションプランによるセキュリティー対策もできる。また専属のスタッフがオンラインアシスタントの採用・教育・運用まで一貫して実施し、各地で働くコールセンター経験者を専属でアサインすることから高い品質でのサービスが可能だという。

料金はスタンダードプランで49万5000円、顧客の条件に最適なフローを構築して見積もるカスタマイズプランも用意される。


関連記事:
キャスター、コールセンターのリモートワークを支援
従業員の給与計算や勤怠管理など代行するオンラインサービス