Akerun

フォトシンスは4月13日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策にあたる医療機関や自治体などを支援するため、施設内の特定区域の出入制御や特定個人の入退室履歴の管理ができる「Akerun入退室管理システム」(Akerun Pro)を無償で貸与すると発表した。

同社は本サービスについて、医療機関や自治体からの問い合わせが急増していることを受け、新型コロナウイルス感染症に対応する医療機関や自治体などを支援するため、最大1000台のAkerun入退室管理システムを2020年9月末日まで無償で貸与する。

医療機関や自治体などにおける活用イメージは以下の通り。

・医療機関や自治体などの施設での特定区域の出入制御や特定個人の入退室履歴の管理。
・施設内の特定区域に誰が入退室したかなどをリアルタイムで把握。
・FeliCaやMIFAREのICカードに対応しているため、すでに利用している入館証や社員証などのICカードを鍵として利用できる。専用アプリを利用してスマートフォンによる解錠にも対応。

無償貸与の対象は、新型コロナウイルス感染症対策に取り組む医療機関や自治体などで、新型コロナウイルス感染症の検査を実施している機関や感染症患者を受け入れている機関を優先するという。無償貸与台数は1000台で、1機関あたり最大10台。申し込み期間は5月末日までで、新型コロナウイルス感染症の影響拡大の状況によっては、無償貸与期間や申し込み期間を延長する場合があるとしている。

Akerun入退室管理システムは、既存のドアに後付けで導入できる法人向けクラウド型入退室管理システム。サムターン錠に対応した「Akerun Pro」と、電気錠/電磁錠や自動ドアに対応した「Akerunコントローラー」で構成され、これらをオフィスのドアに後付けで導入することでスマートフォンアプリやICカードを使って施錠・解錠できる。

また、ウェブ管理画面「Akerun Manager」や専用のスマートフォンアプリからユーザーの入退室履歴の確認、ユーザーへの鍵権限の付与・剥奪を行なうことができるなど、クラウド上での権限管理・入退室履歴管理が可能。また、API連携により外部の勤怠管理システムや会員管理・決済システム、顔認証システムと連携させることで、労務管理、キャッシュレス決済、生体認証によるセキュリティ強化ができる。