さきめし開放

Gigiは4月8日、「さきめし開放」と題して、人に食事をごちそうできるサービス「ごちめし」の機能を、飲食店だけでなく、すべての業界・すべての地域の人が自由に活用できるようにしたと発表。

ごちめしは、アプリを通して、人に食事をごちそうできるサービス。友人や同僚、両親への「ごち」はもちろん、飲食店への応援・こども食堂への支援など、さまざまなシチュエーションで活用することができるという。

さきめし開放

直近では、本サービスの「ごちる機能」を活用して、新型コロナウイルスの影響を受けている飲食店へ食事代を先払いし、コロナウイルスの終息後にお店を訪れてもらう「さきめし」という取り組みを始めている。

今回、コロナショックで苦しむすべての人に対する支援として、ごちめしのごちる機能と、さきめしの先払い機能を、音楽・イベント・美容・娯楽施設など、すべて業界、すべての地域の人が利用できるようにしたとのこと。この取り組みにより、店舗へ行けなくても応援の気持ちを伝え、苦境を超える手助けができるとしている。

また、お店のメニューごとに「ごち」ができるリンクを提供する「ごちボタン」の一覧を開放。地域の応援サイトを、自治体や団体・個人など、誰でも作成することができるようにした。

そのほか、「ごちめしアンバサダー」制度を設け、有志での協力者を募集すると同時に、ごちめしの取り組みに協力してくれる団体も募集するとのこと。申し込みは特設ページから。